骨盤矯正をして産後の体型崩れを治す!

産後は痩せにくい体になっている?

痩せない

妊娠と出産という人生の大イベントを経験して、家事に育児に大変ですが、幸せな気持ちもたくさん味わっていると思います。

 

しかし、どうしても改善したいと思うのが体型ですよね。

 

モデルさんのように美しくきれいなボディになりたいなんていわないから、せめて妊娠前の状態くらいには戻りたいと思って運動をしてみたり、食事制限をしたりしているのになぜか全く効果がないと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

実際私も出産後にかなり太ってしまいました。そして、ある程度はしょうがないところはあるので、産後はしっかりと運動をして食事制限もして、学生時代の部活で培った根性と体力で体重何てすぐ元に戻してやるぞ!と思っていました。

 

それなのに、年齢的なものあるのか明らかに出産前に感じていたよりも痩せにくくなっていたのです。


骨盤を矯正して美しいスタイルを!

まあ年をとれば代謝も悪くなるししょうがないと思う反面、何かほかに理由があるんじゃないかとも感じていました。

 

そこで、出産のときに入院していた病院に来ていた整体師さんから、出産によって骨盤がゆがむために体型がくずれてしまうから、産後はしっかりと骨盤を元の状態に直してあげなければ体型が戻りにくいという話を聞きました。

 

考えてみれば当たり前ですが、あんなにおっきいものが骨盤の中を通ってでてくるんですから、少しはお尻が大きくなるのも無理はないですよね。

 

サイズアップはしょうがないとして、どうして太るのかときいたところ、骨盤は身体の上と下を支えているため、それがゆがんでしまうと体のバランスが崩れて、本来使うべき筋肉が使われなかったり、使わなくていい筋肉が使われたりすることで偏りが生じて、結果的に若い頃には付かなかった場所に脂肪が付いたりして、美しいとは言えないボディラインになっていくそうです。

 

だから、できるだけ早く体型を戻したいと思うのであれば骨盤矯正をしっかりとやるべきだと思います。

 

実際に私は、産後数日たってからすぐに骨盤矯正グッズをスマホで検索して、主人に頼んで買ってもらって穿いていました。

 

産後に私が使っていたオススメの骨盤矯正ショーツ フライビシット

 

そのおかげか、授乳をし始めてから徐々に体重も落ち始めて、よく言われている痩せても骨盤が太いままというようなこともなく、産前に穿いていたパンツなどもちゃんとはけるようになりました。

 

やっぱり、やるからには骨格に変な癖が付かないうちに、できるだけ早い段階で始めることが大事だと思いました。

継続しやすい方法を取り入れよう

骨盤をしっかりと産前の状態に戻すことが大事なのは当然ですが、意外と大事なのがどんな方法でやるのか?という部分です。

 

産後の骨盤矯正をするための方法は本当にたくさんあって、ベルトやショーツ、そのほかにもヨガなどがありますが、一番いいのはとにかく手間がかからないことです。

 

赤ちゃんが生まれると、その後の生活は本当に大変です。

 

24時間欠かさず2時間おきにお腹を空かせて泣くし、合間にはおむつ替えがなどもあったり、眠いのに寝付けなくて機嫌ンが悪いからおんぶや抱っこも当たり前です。

 

その合間に食事の支度や洗濯をしなやきゃいけないので、ゆっくりとヨガなんかをやっている時間は無いと思った方がいいでしょう。

 

そのため、骨盤矯正をするための手段としても、できれば無意識にできるもの、そしていつでもできるものが良いわけですね。

 

そうなると身に着けるものが一番なのですが、ベルトとなると授乳のときに外す必要がでてくるため、産後にはあまり向いてないと思うのです。

 

そういった点でもフライビシットのようなショーツタイプものは、穿いているだけだし、見られてもはずかしくないデザインなので、産後の骨盤矯正にピッタリだと思います。

 

是非、わずらわしくて使わなくなるような高価なものをかってしまわないように、どんな方法が良いかじっくりと検討してみて下さい。

骨盤ベルト、コアトレーニングなど骨盤の歪みを改善させる話題が一昔前に流行りましたね。ですが、骨盤の歪みはどのように調べますか?ヒトの殆どは骨盤が歪んでいたり、脚の長さが違ったりと筋肉も左右対称についていません。ですから骨盤や身体の歪みは必ずと言っていいほどでてくるのです。そこでその歪みを放置していれば最悪の場合、体線が変わってしまうこともあるので、少なからず対策が必要です。今回は、身体の歪みを自分でチェックする方法、そして日常の中でゆがみにつながる原因、さらに歪みを緩和する方法を紹介致します。
私は現在二児の母で、1人目を出産した後特に骨盤に変化は感じませんでしたが、ちょうど二人目を出産した後に骨盤が今までとは違うなと感じました。顕著に現れたのは、体重もウエストのサイズも出産前と同じサイズに戻ったのにも関わらず、ズボンが腰の部分で引っ掛かってスムーズにはけなくなっていました。さらに、骨盤辺りがコキコキと音がするようになったのです。その時痛みというほどではありませんが変わった感覚もしていました。近所のママ友が前職に整体師だったのでこの話をしてみたところ、2回の出産で骨盤が歪んだのだろうと教えてくれました。早く骨盤矯正を始めないと元の骨盤の位置に戻らなくなって年齢を重ねるほどに贅肉がつい...
それまでは肩こりとは全くの無縁な生活を送っていたのに、出産後に急に肩こりを感じるようになる方はとても多いです。その理由は、まず妊娠中の姿勢に慣れてしまうというk途が考えられます。考えてみれば分かることですが、お腹に羊水などを含めて5kg以上のものを抱えつつ、赤ちゃんへの栄養のために脂肪や水分などを抱えた体を背負って、バランスを取りながらなんとか生活していたわけです。それによって、今までとは少し違った体のバランスになっているため、急に赤ちゃんがでて体が軽くなっても、体は今までとは違った体の使い方についていけないわけです。また、出産時に体の中心である骨盤が開いたりゆがんだりするために、体のバランス...
双子を妊娠中、切迫早産のため出産までの2ヶ月間ずっと入院することになってしまいました。入院して1ヶ月ほどたった日、夜眠ろうと思って横になり寝返りをうったら、恥骨の辺りに激痛が走りました。すぐにナースコールをして先生に診てもらったところ、おそらく双子の体重に耐えかねて、恥骨の軟骨や繊維が伸びてしまったのだろうということでした。治すには骨盤を締めてくださいと言われ、まず骨盤ベルトを買って骨盤を締めてみましたが、締めることによってずっと恥骨が痛いままなのと、トイレに行くたびにベルトをとってまたつけるというのがとても不便で、入院中は骨盤ベルトをすることをあきらめました。
出産後に一番困ることとして挙げられるのが、やっぱりお尻の大きさじゃないでしょうか?私も産後すぐには気づかなかったのですが、しばらくして体型がそれなりに戻ってもお尻の大きさだけは変わりませんでした。たちの悪いことに、妊娠中にそれなりに太ってしまったために、出産後しばらくは骨盤がゆがんたとか広がったってことに気が付かないんですよね。だって体重が増えているんですから、体型は変わって当たり前です。今まで穿いていたパンツが入らなくなったって、「そりゃそうだよな〜」と思うくらいでした。まあ、そのうち痩せることができればお尻の大きさだって元に戻るだろうと。
私は出産を経験してから確かに体重が増えたのですが、結構運動や食事制限を頑張って体重を戻すことに成功しました。それなのに骨盤が広がってしまったせいか、妊娠前に普通に穿いていたズボンが入らなくなってしましました。足もそれほど太くなっていないはずなのに、なぜかお尻から太ももにかけてすごくきつくなっていたんです。何とか無理やり穿いてみて(ウエストのボタンは締まらないのですが)、鏡を見た時にズボンのお尻のところがたるんでいる感じもしないのに、以前より横に広がっている感じがしました。本当に骨盤って広がるんだ、とちょっとうわさが本当だったことに感心してしまいましたが、さすがにどうにかしないことには今までの服...
一人目出産後、急に今までなかった腰痛がではじめ、育児の疲れもあってか徐々にひどくなってきて、さすがに家事や育児に支障がでそうになってきたので接骨院に行きました。初診で体をチェックすると骨盤だけでなく背骨も4か所曲がっているとのことでした。昔スキーをやっているときに足をひねって痛めた膝の後遺症もあったのですが、そういったケガをしやすいということもゆがみが影響している可能性があるとのことでした。予約制ではなかったので都合がよい時に通っていたのですが、あまり感覚を空けずに施術した方がいいとのことだったので1週間に1回くらいは通院していました。他の患者さんと兼ね合いもあり、その時その時でやる施術の順番...
私は産後すぐに骨盤ダイエットをし始めましたが、まずやったのは骨盤矯正ベルトを付けるという一番手軽にできるところからやってみました。正直骨盤が開いているという自覚はありませんでしたが理学療法士さんに、開いていると言われて痩せたいのであれば骨盤矯正をした方がいいということっだったので決意しました。私が使用したのは、履くタイプではなく服の上から着けられるベルトタイプのものです。さすがに幼い子どもがいるので、きついパンツでトイレで手間取ったり、着替えたりするのも手間がかかるのは嫌だったので、一番簡単に脱着できるものにしました。骨盤矯正ベルトというもの自体は、結構女性誌やテレビなどでも紹介されているので...
出産を経験すると、本当に子どもを産むことが体に大きな負担になるということが実感できます。本当に歩くのもやっとなくらいで、あんなに大きいものを産むわけだから骨盤がゆがんでしまうのも当然だと思ってしまいますよね。しかも私の場合、出産までに激太りして体重がかなり増えたので、赤ちゃんと私の体重を支えている骨盤は、お産の時だけでなく妊娠中にも歪んでいたんじゃないかと思います。出産後に別の病院から出張という形で着ていた整体師さんに聞いたところ、産後は骨盤が歪んでずれているから体重が戻りにくいというのも要因の1つだと聞きました。できるだけ早く骨盤矯正をやったほうがいいと効いて、ちょっと入院費とは別料金で高か...