帝王切開だと骨盤ベルトは難しい?

帝王切開だとベルトが痛い

双子を妊娠中、切迫早産のため出産までの2ヶ月間ずっと入院することになってしまいました。

 

入院して1ヶ月ほどたった日、夜眠ろうと思って横になり寝返りをうったら、恥骨の辺りに激痛が走りました。

 

すぐにナースコールをして先生に診てもらったところ、おそらく双子の体重に耐えかねて、恥骨の軟骨や繊維が伸びてしまったのだろうということでした。

 

治すには骨盤を締めてくださいと言われ、まず骨盤ベルトを買って骨盤を締めてみましたが、締めることによってずっと恥骨が痛いままなのと、トイレに行くたびにベルトをとってまたつけるというのがとても不便で、入院中は骨盤ベルトをすることをあきらめました。

産後の育児は大変!

双子だったので帝王切開によって出産となったのですが、手術の傷の痛みよりも赤ちゃんのお世話で動くときの恥骨の痛みの方がつらいと思うくらい痛かったです。

 

また、せっかく買った骨盤ベルトなんですが、手術の傷のところにちょうどベルトが当たってしまって痛いので、ほとんど使うことができませんでした。

 

骨盤を締めないと、恥骨の痛みが治らないということだったので、色々と探して傷に負担のかからないのものを探した結果、お腹からおしりまで全部覆うような骨盤サポーターを買ってずっと着けていました。

 

これだと手術の傷も含めて全部覆ってしまうので、こすれて痛いということはありませんでした。

 

また、トイレも腹巻のように少しまくれば問題なかったので、帝王切開をしたかたでベルトなどが傷に当たるのが気になる方にはおすすめです。

 

だんだん使っているうちに伸びてきてしまうので、半年に1度くらい買い換えました。

 

2年くらい使ってみて、子供と一緒に走っても恥骨が痛くなくなってきたので、骨盤サポーターは卒業して、今は骨盤矯正ショーツを使っています。

 

産後の骨盤矯正はすぐには治らないので、気軽に使えて長続きするものを選ぶことが重要だと思います。

 

実際に経験してやっと分かることなのですが、特に切迫早産などで入院をすると、ほとんど安静の状態で動くこともできないため、体力の衰えが半端じゃありません。

 

さらに出産によって骨盤などがダメージを受けて腰痛なんかになってしまっては本当に赤ちゃんのお世話何てできません。

 

自分だけの身体じゃないので、骨盤矯正なんて・・・と思わないで、産後にしっかりと自分と赤ちゃんの身体を支えてくれる体を、早い段階からしっかりとケアしてあげることが大切です。